カメラマンの見積書の書き方

カメラマン(写真家・フォトグラファー)は、あらゆる場面での写真撮影、撮影した画像の編集・加工、フィルム撮影の場合は現像作業といったサービスを提供します。カメラマンの仕事は、特に法律で規定があるわけではありません。
フリーランスで写真撮影や加工などの仕事に携わっているケースでは、多くの場合案件ごとに見積依頼を受けて見積書を作成し、お客様から正式な発注を得ます。ここでは、カメラマンが発行する見積書の書き方をご紹介します。

カメラマンが見積書を書くケース

カメラマンとして働くのに、特に国家資格は必要ありません。カメラマンとひとまとめにいっても、報道カメラマン、動物カメラマン、スポーツカメラマンなどさまざまですが、基本的に仕事の範囲は同じです。働き方としては、撮影スタジオやマスコミ関連企業などに就職するか、フリーランスとして働くのが一般的といえます。仕事内容は、さまざまなシーンでの写真撮影および写真の編集・加工です。

フリーランスのカメラマンは、クライアントから見積依頼を受けたとき、依頼内容に応じて見積書を発行することになります。見積書をきちんと作成しないと、正式な発注につながらなかったり、支払いの段階でトラブルが発生したりするという状況になりかねません。

正確で分かりやすい見積書のタイムリーな発行は、ビジネスで成功するための大切なポイントです。また、サービスを納品する際の重要な証拠として、見積書のコピーは大切に保管・整理しておきましょう。

カメラマンの見積書とは?

見積書は、正式な発注を受ける前に、仕事の請負側(カメラマン)が依頼側に作業内容と各作業・必要経費を明示するために発行する書類です。見積書を作成して依頼側と作業範囲、支払い条件を明確にします。見積書の内容を元に条件などの交渉をしてから依頼側は発注書を発行し、契約書で受発注内容を確定させます。

見積書の発行は、正式な契約前にお互いの認識にくいちがいがないことを確認するとともに、依頼側は正式発注をするかどうかの判断材料としても使用します。仕事の依頼側から作業内容をヒアリングし請負側は、見積書を作成して金額面やスケジュール調整なども行います。

見積書は、必ず発行しなければならない書類ではありません。しかし、支払時のトラブルを避け、必要十分な作業について受発注側が認識合わせをするためにも、発行しておきたい書類です。見積書で合意を取ることで、安心して仕事が進められます。

カメラマンの見積項目

見積書は、見積依頼を受けたサービスの代金やスケジュールなどをお客様側に伝えるために発行するものです。お客様にサービスの内容と代金、納品スケジュールを明示し、さらには、納品時に見積書通りのサービスが提供されいてることを確認する役割もあります。

お客様にサービスを提供する際には、「どれだけの期間が必要でいくら料金がかかるのか」「料金には消費税を含むかどうか」についても明確に伝えることが必要です。カメラマンの見積項目には、以下のようなものがあげられます。

撮影料、撮影スタジオ利用料、機材利用料、交通費、宿泊費、機材の送料、ヘアメイク料(人物撮影の場合)などです。事前に、撮影料に含まれる代金、別途実費で請求する費用について、発注側と認識を合わせて見積書に盛り込んでください。

見積書は、お客様から見積依頼を受けたタイミングで発行します。消費税の有無や源泉徴収関連、納品日と入金日も見積書で明確に示します。見積書には納品日も含まれるため、見積書自体の有効期限も明示し、一定期間を経た後は再見積もりが必要であることも記載します。

カメラマンが作成する見積書の書き方

見積書のフォーマットや内容、書き方に厳格な決まりはありませんが、確実に見積内容を理解し、正式契約をしてもらうためにも、内容が明確で分かりやすいことが必要です。

(見積書のサンプル)
カメラマン_見積書_サンプル

まず、見積書の一番上に「見積書」と記します。また、見積書の発行日や支払方法、入金日などについては、見積書を作成する前に、提出先に確認をとっておけばトラブルが少ないでしょう。では、見積書の書き方を順番に見ていきましょう。

(1)宛先には、見積書を提出するお客様の氏名と住所を書きます。また、不備や誤字のないように前もって確認するようにしてください。

(2)見積もる側の社名や店名、住所が入ります。見積書を管理しやすいように、見積書番号を加えます。また、一定の期間の見積代金をまとめて見積る場合、見積書に1-1、1-2、1-3のように枝番号を付けると複数の見積書をまとめやすくなります。そして、サービスの納品日と支払いの期限を分かりやすく書きましょう。

(3)今回の案件で提供するサービスと、そのサービスに関連して必要となる経費について、その単価、数量を記入します。数量とは、回数として記載する場合もあります。

(4)単価×数量の小計
例としては撮影費、機材の郵送代といった項目があります。具体的には、撮影費 1日20,000円×3日分、機材の郵送代(往復) 2,000円×2、などの内容が挙げられます。

(5)消費税

(6)小計と消費税額を足した合計金額

(7)内訳には軽減税率の対象とならない品目(10%)と対象となる品目(8%)の小計を分けて記載し、それぞれの消費税額を明らかにします。

 

(8)見積の有効期限と前提条件を記入します。有効期限は、取引先が意思決定を下すプロセスを適度に促す期間となるよう、長すぎず短すぎないよう設定しましょう。前提条件は、見積した時点と状況が変わって実際の金額に誤差が生じる可能性がある場合に記載しておくことで、トラブルを未然に防止します。

(9)備考欄にお客様に対する日頃の感謝の言葉を添えると喜ばれます。

まとめ

カメラマンにとって、見積書はどのようなサービスをいくらで提供するかをお客様に明示する非常に大切な書類です。作業範囲の認識をしっかりとすり合わせ、お客様との良好な関係を維持するには、コミュニケーションと正式契約に向けた細かい気配りが重要となります。確実に契約してもらうためにも、記入漏れのない、配慮のある見積書の書き方を意識しましょう。

【今ならキャンペーン実施中!】マネーフォワード クラウド確定申告

Pocket