個人事業主(フリーランス)なら知っておきたい請求書の書き方

Pocket

個人事業主(フリーランス)なら知っておきたい請求書の書き方

0376_522603487
個人事業主(フリーランス)として重要な書類の一つが請求書です。確実に支払をしてもらうためには、必要事項を漏れなく記載する必要があります。基本的な請求書の書き方を知っておくと、取引がスムーズになるだけでなく、確定申告時に明確な処理ができます。

正式な請求書の書き方はありませんが、記載するべき事項や、商習慣に基づいた請求書の書き方がありますので、ここでは個人事業主(フリーランス)が知っておきたい請求書の書き方や注意点を解説します。

請求書の記載事項と注意点

個人事業主(フリーランス)が請求書を作成する場合、基本的な書き方と注意点は以下の通りです。

1. 請求書のあて先

取引先の会社名、事業部名、担当者名などを記入します。依頼者とは異なるあて先を指定される場合もありますので事前に確認しましょう。 

2. 請求内容

商品名やサービス名、数量、金額を記載します。取引先の税務処理により、書き方を指定される場合があります。例えば、販促費として「サンプル用ミニボトル」と追加するよう指示がある場合があります。

3. 消費税の表示

内税か外税か、消費税の金額を明記します。

4. 発行日

請求書の作成日ではなく、取引先の締日を記載するのが基本です。

5. 支払期日

支払日を記載します。確認のために毎回記載すると支払い漏れがありません。

6. 発行者

個人事業主(フリーランス)である自分の名前を入れます。

7. 振込先

銀行名、支店名、口座種類、口座名、口座番号を正確に記載します。振込手数料を負担してもらう場合は、その旨を記載します。

8. 特記事項

条件による支払い期日の変更や、分割払いなど、請求と支払いに関して特別な条件がある場合に記載します。

9. 請求書番号

後の確認作業を容易にするため、通し番号を右上に記載します。

特に、個人事業主(フリーランス)の場合は、請求書の各項目はあらかじめ取引先と取り決めた書き方に基づいて作成しましょう。

請求書の書き方例 

取引先から指定のフォーマットがある場合は、それにしたがって作成します。

0376_請求書

特に注意しなければならない請求書の項目

個人事業主(フリーランス)で請求書を発行する際、以下の2点について注意する必要があります。

請求書の発行日

取引先(法人の場合)は、締日で区切って毎月1回の支払日があり、それに合わせて請求書を発行するのが一般的です。
したがって、発行日は請求書を発行した日ではなく、取引先の請求締日にします。締日を過ぎた発行日にすると、翌月扱いとなり支払が遅くなる可能性がありますので注意してください。請求の締日と支払日は、取引を始める前にしっかりと確認しておきましょう。

入金額の確認

入金された金額が、請求書の金額より少ない場合があります。原因としては、振込手数料や源泉徴収税額が引かれている場合が考えられます。

振込手数料が引かれている場合
振込手数料を誰が負担するのか、あらかじめ取り決めておくことが必要です。取引先に負担してもらう場合、請求書に記載すると間違いありません。自分が負担する場合は、銀行や振込金額、窓口かインターネットかなどによって手数料が異なります。差額が振込手数料の金額であるかを確認しましょう。

源泉徴収税額が引かれている場合
取引先が法人の場合、個人事業主(フリーランス)は税法で定められた報酬や料金の区分によって、源泉徴収税額を引いて入金される場合があります。源泉徴収の対象となる主な報酬や料金の区分は以下の通りです。

1. 原稿料
2. デザイン料
3. 講演料
4. モデルやタレントなどの出演料
5. 教授料(例えば、生け花や書道などの指導料)

弁護士や税理士などの業務関する報酬、原稿料などの源泉徴収税額は、100万円以下の請求金額の場合、請求金額に対する10%の所得税と税額の2.1%(平成25年から平成49年までは復興特別所得税が必要)を足した金額です。

個人事業主(フリーランス)の源泉徴収税額を引くかどうかは企業によって異なります。業種によって最初から契約額に源泉徴収税額を加算して請求することもあります。対象となる請求の場合は、あらかじめ取引先と確認しておきましょう。

源泉徴収税額を引かれた場合は、年明けに取引先から源泉徴収票が送られます。請求額や源泉徴収税額の確認はもちろん、確定申告時に必要になりますので必ず保管してください。
(参照: No.2792 源泉徴収が必要な報酬・料金等とは|国税庁)
    

個人事業主(フリーランス)として請求書を発行する場合、取引先と確認した記載事項を漏れなく記載することが大切です。重要な書類ですので、取引先に発行した請求書は必ず控えを残し、請求と入金の金額を確認した上で確定申告時のスムーズな税務処理に備えましょう。



【30日間無料!請求書のクラウド化をご検討の法人様必見】
導入ご検討中のお客様向けのサービスご紹介資料がダウンロードいただけます。MFクラウド請求書は初期費用無料、Freeプランは月額料金も無料です。有料プランも30日間無料なので、お気軽にお試しください。
(※無料期間中に解約した場合は、料金は発生しません。)

【法人向け】MFクラウド請求書検討資料のダウンロードはこちら



請求書作成をラクにするクラウド型請求書ソフト
請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」

請求書作成には、請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」を是非ご利用下さい。

Pocket