タグと自動仕訳作成機能で会計ともスムーズに連動。業務時間は半分に。

タグと自動仕訳作成機能で会計ともスムーズに連動。業務時間は半分に。

タグと自動仕訳作成機能で会計ともスムーズに連動。業務時間は半分に。

行政書士法人GOAL
石下 貴大様 若林 哲平様
利用目的
業務効率を上げたい
業種
士業
利用プラン
ベーシック

課題

  • ・インストール型のソフトを使っていると、本店、支店、会計事務所間でのデータのやりとりが煩雑。どのファイルが最新かわからなくなってしまうことも。

評価

  • ・クラウドであれば、それぞれがログインしてデータを都度確認できるため、ミスもなく、作業時間は半分に。

クラウドサービスのなかでも直感的な操作性の良さでMFクラウドシリーズを採用

取引件数が増えて、いよいよシステムを導入するタイミングとなったときに、使うものはクラウドサービスの中から選ぼうと決めていました。というのも、もともとエバーノートのようなサービスを活用していたこともありますが、比較的年代の若いお客様からするとITリテラシーが高いことは親近感、信頼感につながると思っていたためです。クラウドサービスを使っていることはその証明になるかなと。

いくつか比較したところ、他社のサービスは、たとえば仕訳の削除がしずらいといった難点を感じた一方、MFクラウドシリーズは直感的に操作ができたので、迷わずMFクラウド会計と請求書の導入を決めました。

MFクラウド請求書を導入した行政書士法人GOAL様

MFクラウド請求書導入後、請求業務の時間は半分に

MFクラウド請求書を導入した行政書士法人GOAL様

複数の個人事務所を統合して設立したため、当初は請求書の発行方法がバラバラで、本店でエクセル、支店でFile makerを使用し、それぞれのデータを送付しやりとりをしていました。また、そのデータをさらに会計事務所に送って実際の請求業務を行ってもらっていましたので、あれ?どのファイルが最新だっけ?というようなこともたびたび起こっていました。 MFクラウド請求書を導入してからは、クラウドなので、お互いがログインすればデータの入力も確認もできますし、都度確認ができるため、やりとりの手間が全くかからなくなりました。作業量としては、おそらく半分になったと思います。

具体的な機能でいうと、自動で仕訳を作ることができるので会計システムとの連動がスムーズなのはもちろん助かっています。また、タグやメモといった機能があり、業務名や担当者名を入れています。これらは会計側の仕訳にも引き継がれますので管理しやすいですね。

クレジットカード決済機能はスタートアップの企業におすすめ

取引先にクレジットカードで支払ってもらうことのできるカード決済機能も利用しています。
取引先にとってはすぐに支払いが完了しますし、カードのポイントもつくというメリットがあります。かたや請求元にとっては、MFクラウド請求書のカード決済手数料はかなり低いため負担が少ないうえに、なんといっても資金回収が早くなるというメリットがあります。
スタートアップの企業にとって資金回収を早くすることはビジネスを継続、拡大していくうえで非常に重要なので、この機能はぜひ使ってもらいたいですね。


無料で登録する
導入をご検討中の方へ

行政書士法人としては日本初の認定支援機関として、創業融資・補助金等のスタートアップ支援に特化。特にNPO法人や一般社団法人の設立・運営サポートに強い。各種許認可申請、「みんなの助成金」の運営など幅広く活動。

URL : http://go-al.co.jp/