明細の項目名が変更可能になりました

By | 2016年12月13日

いつも請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」をご利用頂きありがとうございます。

このたび、MFクラウド請求書の明細の項目名が変更可能になりました。
これにより、帳票作成時に任意の項目名の設定が行えるようになりました。

利用対象

MFクラウド請求書をご利用中の方

対象ページ

見積書
納品書
請求書
領収書

項目名の設定は帳票設定から行えます。

設定方法

各帳票において同じ操作手順となりますが、今回は請求書の作成手順でご案内します。

1.項目名を設定する

画面右上の歯車マークをクリックし、帳票設定をクリックします。

帳票設定>帳票品目テーブル項目名より、設定したい項目名を登録します。

・日本語の項目名は10文字まで、英語の項目名は20文字まで入力可能です。
・英語の項目欄は半角英数字のみ入力可能です。

2.設定した項目名の帳票を作成する

帳票設定>帳票品目テーブル項目名で設定した項目名が、作成する帳票の明細項目名に反映されます。

注意事項

・項目名の変更は、全帳票(見積書・納品書・請求書・領収書)で反映されます。帳票毎の設定は行なえません。
・作成帳票ごとの項目名の変更は行なえません。項目名の設定は帳票設定のみ行なえます。
・英字テンプレート用の項目名は、帳票品目テーブル項目名の「英字テンプレート」項目でご設定ください。
・CSVアップロード時に使用する項目名はお客様が任意に設定した項目名ではなくフォーマットの項目名をそのままご利用ください。
・項目名の設定を行う前に作成済みの帳票は、項目名の変更が反映しません。項目名の変更後、新規作成分から反映されます。

今後とも、請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」をよろしくお願い致します。

請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」の登録はこちらから

請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」

Pocket