帳票をメール送信した際のダウンロード可能日数が設定できるようになりました

By | 2016年12月27日

いつも請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」をご利用頂きありがとうございます。

このたび、MFクラウド請求書より帳票をメール送信した際のダウンロード可能日数が自由に設定できるようになりました。
これまで45日で固定されていたダウンロード可能期限を、任意の日数にご設定いただけます。

利用対象

MFクラウド請求書をご利用中の方

対象ページ

見積書
納品書
請求書
領収書

帳票ダウンロード可能日数の設定は帳票設定から行えます。

設定方法

各帳票において同じ操作手順となりますが、今回は請求書の作成手順でご案内します。

1.日数を設定する

画面右上の歯車マークをクリックし、帳票設定をクリックします。

帳票設定>帳票メール送信機能の受信オプション設定より、設定したい日数を登録します。
ダウンロード可能日数は1~9999日まで設定可能です。

2.帳票をメール送信する

メール送信したい請求書を選択し、メール送信をクリックします。

送付するメールの文面には、「帳票メール送信機能の受信オプション設定」で設定したダウンロード可能日数が表示されています。
設定した有効期限まで、帳票のダウンロードを行うことが可能です。

注意事項

・ダウンロード可能日数は全帳票で同じ期間となり、帳票ごとの個別設定は行なえません。
・ダウンロード可能日数を変更する前にメール送付済みの帳票は、ダウンロード有効期限を変更しても以前の有効期限のままとなります。
・既にメール送付済み帳票のダウンロード有効期限を一括で変更することはできません。ダウンロード可能日数を設定後、再度メール送信を行なってください。なお、帳票毎のダウンロード日数を確認する方法はございません。

今後とも、請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」をよろしくお願い致します!

日々、ユーザー様からのご要望・ご意見をお待ちしております!
※ログイン後の、「ヘルプ」→「フィードバック」からお問い合わせください。

請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」の登録はこちらから

請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」

Pocket